2016/05/18: 関東ITS健保のトスラブ箱根ビオーレに泊まったら極楽でしたとさ!

わたくし、2011年からとあるITの端っこのほうにいる企業に勤めておりまして、健保は関東ITSなんです。
鮨屋とかでいろいろ有名なITS健保ですが、保養施設も凄かった。
なんか、ちょっと前までたしか電話かFAXでしか申し込みできなかった気がするんですが(IT健保のくせに!)、気のせいでしょうかね?こないだ見たらWEBで空き状況が検索できるようになってた!

5月末で消滅してしまう有給休暇を少しでも消化してやろうと2日休みをとって、週半ばの2日間で箱根旅行です。
ちょうど5月の母の日に何もしなかったなーと思って母を誘ってみたら空いているというので道連れに連れて行きました。
一泊に食で被保険者は5400円、同行の外部の人は10800円です。
もう何が出てきても、まあこの値段なら仕方ないかと思いながら行ったのです。
車運転していくだけで母が喜ぶであろうことはわかっていたのでw

んが、結論からいうとものすごくよかったです。やばすぎる。めっちゃいいです。

まーでも一日目の最初の方からいきましょうか。

まずですね、ランチ食べようと向かった「見晴らし茶屋」が定休日で、仕方なくこちらの甘酒茶屋に。







しぶすぎる、餅ランチ^^;


まずは箱根神社さん。


しゃくなげがキレイでした。


ピッカピカの晴天!


ご神木に生える苔もうつくしい。



箱根神社の上のおやしろにもお参りしなきゃね、とロープウェーにならぶ。


このフォント、たまりません。
列は外国人ばかりです。


どひー!
ロープウェイ、高所恐怖症のワタクシにはかなーり怖かったですが、怖さと楽しさはいつも紙一重。
ギャーギャー言ってる間に頂上に着きましたよ。







♪ふーーじーはにーっぽんいーちーのやーまー♪




とても気持ちよかったですが、この↑お社があるあたりがいちばん風が強く、ゆっくりできる感じではなかったです。
イタリアかスペインから来たとおぼしきご夫婦が自撮りしてたので、「写真撮りましょうか?」っつって撮ってあげた。すばらしいときに来てよかったね(^^)
日本旅行をどうか楽しんでね!!

そんでもって、岡田美術館に向かったのですが、駐車場入ったところで警備員さんに止められた。

「もうあと1時間しかないので、たぶん時間が足りないと思いますよ!もし今日箱根にお泊りになるなら、悪いことは言わないので明日朝イチでいらしたほうがいいと思います!!!」

えーーーーーーー。そうなの?
なんか、ちっこい私設美術館を想像してたんですが。
ポーラ美術館より断然展示点数が多いという。
うーーーーーむ。
そうですか。
入館料は2800円だというし、ちょと1時間じゃもったいないねということで、とりあえず今日はあきらめて、もうまっすぐ宿に向かいました。

一泊5400円なので、もうなんでもいいと思っています正直。

変な内装でも文句は言うまい。

メシはいいらしいと聞いていたので、母をうならせようと思って「グルメコース」を予約していました。

カッコ内は選べます。むっちゃ悩んだ~~。

なんか喉かわいたのでビール頼んだけど、しっぱい。ただのビールでした。



前菜。なんかいろいろ美味しい。


パンがすべて自家製のようです。めちゃうまい。


からすみとそら豆のペペロンチーノ。
うまい!


母が頼んだ、オマール海老とアスパラのトマトソース。
自家製パスタが蕎麦みたいでうまい。確かに蕎麦みたいなの。不思議よ。


魚料理。タラバと帆立とのどぐろっつったかな?
サフランソースがたまらなくうまい。


わたしのラム。うまい!


母のうずら。
これはまあふつー。


チーズ食べ放題♪♪♪


わたしの「濃い目セレクション」
ウォッシュとブルーと珍しいハードチーズ。なんか忘れた。
ブルーのがもーーーーーーーーーー、たまらなくおいしかった。むろんウォッシュも。


母のデザート、ゼリー。


わたしのデザート、ジェラート。


ロビーです。

んで、このITS健保の直営保養施設の特長としまして、いい酒がめちゃ安いのであります。
あたしゃスプマンテをがぶ飲みしたあげく、ビオの赤ワインまで飲んでしまい、ベロベロに酔っ払ってしまいましたとさ。。。
いやーよく眠れた^^;
母はスプマンテのハーフグラスを2つ頼んで、常に冷たいのが飲めてよかったようです。

いやーーーーーー、大満足x100倍。ここまたすぐにでも泊まりたい。やばい。めっちゃいいっす。


2016/05/15:NHKオンデマンド「トットテレビ」「夢であいましょう」でびっくり

「花子とアン」以来、すっかりNHKオンデマンドの人になってしまいました。

お気に入りは、

- 妄想ニホン料理(すげーおもしろかったのに、取材費がかかりすぎるからか終わってしまった。。)
- サラメシ(これはもういちばんすき)
- ブラタモリ(桑子~~。・゚・(ノД`)・゚・。!呼び捨て)
- 世界入りにくい居酒屋(これも更新されてないな。。。終わっちゃったのかな。。)

なんですが、最近楽しいのが「トットテレビ」!
くっだらないドラマなんですが、満島ひかりがトットちゃんにぴったしカンカン。
その他の登場人物ももちろん実在の人がいっぱいでてくるんですが、なんかいちいち面白い。
森繁久彌が吉田鋼太郎とか、沢村貞子が岸本加世子(これすげーいい)、渥美清が中村獅童(これも、なんかもうすっげーーーいい!)
ミュージカル仕立てになってるのがオットはどうしても受け入れられないみたいですが、わたしにとってはそれもたのし。

で、今週(3)が九ちゃん特集だったので、特選の方の「夢であいましょう 上を向いて歩こう特集」もうっかり見てしまったらば。


なんと!

Bob Fosseと元奥さんのGwen Verdonが出てる「くたばれ!ヤンキーズ」の「Who's got the pain」の再現をやってて超びっくり!!
このダンサーの方は誰じゃろうと思ってちょろりと調べたらアッサリわかりました。
「パッパッパヤーパ♪ パッパッパヤーパ♪」の金井克子先生でしたよ!!(なぜ先生)
男性のほうは誰かわからない。

いやーーーーーーーーーーー、びっくりだ。
すごいなあ。がんばってるのう。

もちろん本家には遠くおよびませんが、すごいなぁ。
歌詞も原文のままだよ。

うー、このがんばりをみなさんにシェアしたい(せんでええ)
みんな、特選で見てみて!!

18分くらいからです。

バラエティー 夢であいましょう 上を向いて歩こう特集

とりあえずショット貼っとくね。

2016-05-15 20-44-13.jpg

本家はこちら。



Gwen Verdonすげーです。

金井克子っつったらもちろんコレ(わたしが生まれる前の曲ですけど知ってるんだい)。

(う、埋め込めない。。)
https://youtu.be/CBFwFtbMjGc
これ超おもろいのでぜひ見て下さい。

金井克子先生、スゴイっすよ。
18歳でサマータイムうたってます。
ていうかすごいですね。1963年とかですよ。
朱里エイコはなんでこういう系列に行けなかったんだろ。。。



まあでもやっぱりGwen Verdonすげえや。

これいったいいくつなのよ。

上品だねぇ。

これなんて、58歳だよ!!

posted by オグ at 21:08東京 ☀Comment(0)映画/DVD

2016/05/06: お世話になった方が亡くなった

朝、母からメール。
何かと思ったら、子どもの頃から、家族ぐるみでうんとお世話になった方が昨日亡くなったとのこと。90歳。大往生ですね。
親族でもなんでもなく、単なる「親しい知人」です。

2ヶ月くらい前に、老人病院みたいなところに入院したと聞いて母と二人でお見舞いに行ってきたばかりでした。
少し前からかなり身体の自由がきかなくなって、自宅で一人で這うように暮らしていたのを知っていた母は、病院に入ったと聞いてホッとしていた。
が、会って話して、「もうこれで最後のお別れかもしれない、でもお別れが言えてよかった」と言った。そのとおりになってしまった。
わたしは病室で寝ている彼女を見たら涙がボロボロ出てきて、「花粉が………」とか言いながら後ろを向いて鼻をかんでいた。
わたしと母が病院に訪ねていったのを心から喜んで、しっかりしたいつもの口調でおしゃべりをした。
そのときも、お腹が痛いと言っていたけど、癌が進行して肺まで行っていたんだそうな。
治療はしないまでも、せめて痛みの緩和ケアだけでもすればよかったのになぁ。。。「もう十分生きた。早く痛くなくなりたい」とつらそうに言っていたので、今は痛みのない世界に行けてよかったと思うしかない。

その人は、わたしの実家を建て替えるまで、2階のアパートで暮らしていました。
建て替えを機に彼女も仕事を引退し、新幹線を使わないと行けないくらい遠くの彼女の故郷に一軒家をキャッシュで買って(!)引っ越した。その後は母が何度か訪ねていき、わたしも結婚する直前に結婚の報告をしに行ったりした。
子どもの頃はいろいろあって、なかなかこの人の言ってることが理解できないこともあったりしたけど、今となっては感謝しかない。

このところ、「元気だったころを知っている人が、年をとって亡くなる」という現象が少しずつ自分の周りでも起き始めた。
父の高校時代からの親友だった人も先日亡くなったし。うちで一緒に酒を飲んで、とても楽しい人だった。

子どものころは、「おじいさん・おばあさんになったその人しか知らない」というような人が亡くなるので、なんというか全然不思議じゃなかった。そうだよね、死ぬよね、みたいな。

でも、ここのところの人の死がいちいちこたえるのは、「元気だったころを知っているから」なんだよなぁ。
って今書いてて思った。
自分だってどんどん老いているんだから当たり前なんだけど、なんかまだついていけてない。
これを書きながらも涙がボロボロ出てきて困っちゃうわ。

アドラーに言わせれば、泣きたいから泣くんだろうけどな(笑)




posted by オグ at 23:00東京 ☀Comment(0)日記

2016/05/05:【アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー】からのSVB東京@代官山

いっやー、いいもんみた!

すてきブロガーNobrinさんが試写会に行ったという記事を読んでから行ってみたくて仕方なかった映画。
先日FBでシェアしたら、親友のアンテナにビビっと来たみたいで、思いったが吉日ということで一緒に見てまいりました。

予告編。


写真だけ見ると、えーって思う人もいるかもしれませんが、動いてるアイリスは100万倍くらい魅力的です。
静かにめっさおもろいこと言うし。
このひと関西人ちゃうかと思ったあるよ。

いやーーーー、ホントに頭が下がります。
90過ぎて、家で転んで骨折したときに「2人来た救急隊員がハンサムだったの♡」とときめく心を持ち続けたいもんだ!いやはや。
なんかこれを見たら自分でもそうできそうな気がしてきたから不思議。
なんでしょうね、アイリスのパワーかね。
好きなことを続けることがだいじよね。
先日の、老後破産の本とはまた対極の人生を見ました。不思議じゃ。

でも両方見たあとで考えたわ。
どっちかっつーと、わたしはこっちなんじゃないかと(どんだけ楽観的なんじゃー!)

渋谷のアップリンクでの上映はもうちょっとで終わっちゃうみたいですが、とにかく婦女子には超スーパーオススメです。
DVDが出たら、鑑賞会と言う名の飲み会をうちで開いて女子だの婦人だのを集めたいぜよ。

鑑賞後は、代官山までタクって、ビールを浴びるようにのみました。ああおいしかった。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いまちょっとアイリス関連記事を読んでいたら、やはりというかなんというか、IrisのだんなさんのCarlは2015年に101歳ちょい前に亡くなったそうな。。。ああ、Irisのなげきやいかばかりか。。。

CARL APFEL, HUSBAND TO STYLE ICON IRIS APFEL, DIES AT 100


He passed away earlier this month.
Carl Apfel, who was married to style icon Iris Apfel and appeared in the documentary Iris, has died at 100. The cause of death was congestive heart failure, Pret-a-Reporter has confirmed.

The textile merchant died on Aug. 1, only a few days before his 101st birthday, according to T Magazine. He passed away peacefully at his home in Palm Beach, Florida.

Last year for his 100th birthday, Iris threw him a birthday party that welcomed everyone from Ruben and Isabel Toledo to Bergdorf Goodman's Linda Fargo to designer Naeem Khan.

See more 20 Times Iris Apfel Dressed Better Than All of Us

Carl, a textile merchant, met Iris in 1947, and they got married the following year. Not long after, they founded the Old World Weavers, an interior design firm and textile company that decorated for the White House and the Metropolitan Museum of Art.

While Iris is better known for having a bold sense of style, Carl didn't fail to impress with his fashion choices, either, as he often accompanied Iris to various events in round-rimmed glasses, colorful bow ties and patterned outerwear.

Read more 15 Questions With Fashion Icon Iris Apfel

There was no denying the genuine love felt between Carl and Iris, as their affection for each was captured in more than just a few scenes in Albert Maysles' film Iris.

"I figured he was cool, and he was cuddly, and he cooked Chinese," said Iris in the early moments of the documentary, as she looked through her wedding photos, "so I couldn’t do any better."
posted by オグ at 22:09東京 ☀Comment(0)映画/DVD

2016/05/03:遅れてきたCher祭り

調子に乗ってもういっちょ。

数週間前から、「自分内Cher祭り」絶賛開催中です。
Cherってアレです、サイボーグみたいな、ドラァグクイーンみたいな(?)、このひと!



歌手です。アメリカのテレビ番組で、よく彼女を紹介するときに言う枕詞(?)が、

「60年代、70年代、80年代, 90年代、00年代と、およそ50年にわたり、各年代ごとにトップ10ヒットを出し続けているアーティスト」

です。
すげくない?
17年前にBelieveが大ヒットして、「奇跡の復活」と言われたそうな。
ダンス系音楽嫌いなわたしでも聴いたことあったので、おそらく誰でもサビの部分は聴いたことあるんじゃないかっていうくらいヒットしたんだと思います。

これを出したとき、実に52歳!!



整形をてんこ盛りにやってるらしくて、若いころとぜんぜん違う顔です。
でも、たくさんやってるわりには、失敗してお化けみたいにならずに、人間のままでそこそこキレイなままでいるという驚異的な存在なのであります。

若いころは、それはそれはキレイなのですが、どうもその時点からすでに整形してたっぽくて、ムスメがぜんぜん違う顔なんですよね。。。(Transformして息子になっちゃいましたが)
ほんとに彼女のムスメなのかよーと思ってたら、PinterestでCherの画像集めてたら整形前のCherの写真があって、子どもとソックリでした^^;。

それはそれとして、えーと、60年代、70年代のわかいころのCherがほんとにすてき。
顔も(整形だけど)スタイルも抜群で(これも苦労して痩せてたんだろうな。。。)、なんつっても着てるものがめっちゃカッコイイ。ボヘミアンです。超カッコイイ。

80年代になると、その当時の流行の最先端を行っちゃうので、ぜんぜんかっこよくないんですが、それでもかっこいい(なんじゃそりゃ)。

とにかく、なんだかもうハートを撃ち抜かれて、ここのところ寝ても冷めてもCherの動画ばかり見たり聞いたりしております。
歌もうまいよ!Tina Turnerほどじゃないけど。
このふたりがDuetしてる映像がYoutubeにたくさんあるんですが、ほんとカッコイイ。

これとかね。


これとか!


はー。カコイイ。カコイイよCher!

2016/05/03:『老後破産』『下流老人』を読んでくらーい気持ちに。。

久しぶりの更新がこんなくらーい話なんて、アホかいな!

いやなんか、途中までFBの投稿に書こうとしてふといやんなってこっちに書くことにしてみたんです。
立て続けにこれらを読みました。





いやはや、常々長生きはしたくないと思っていたのですが、これらを読んだらもうホントに長生きとかマジかんべんしてくれと思った。
けど、うち長生きの家系なんだよねぇ…。じいさまは30年近く前に死んだけど92だったし。最近では珍しくないけど、30年近く前で90過ぎまで生きる人ってあまりいなかったのよ。

「支援する制度があっても知らなかったりよくわからないプライドがあったりして使わない」みたいな人がけっこう出てきてた。
「老後破産」のほうは、かならず各章が「もう少しなんとかならないのか。。。どうしたらよいのか。。。」みたいな結びになってるのが、最初はふつーに読んでたのだけど、だんだん鬱陶しくなってきた。
いまはまだ、就労してる人口のほうが支援を要する高齢者よりも多いからなんとかなってるけど、わたしが年寄りになるころには、逆転してる。いまが恵まれてたって思うような時代が間違いなく来るのがわかってるのに、「いまの高齢者を手厚く保護するにはどうしたらいいか」って問いかけを読んでも(;´д`)トホホ…。。。

薄々思ってはいたけど、「家族なんかいなくても昔は友人がたくさんいたからなんとも思わなかったけど、お金がなくなってきたら付き合い自体を避けるようになって孤独になった」みたいなくだりがたくさん出てきて、なんだかもうくらーい気持ちになってしまったよ。

確かにねぇ。。。
家族がいる友達とは、すでに疎遠になりつつあるけど、今後ますます疎遠になっていっても不思議じゃない。
自分にお金がなければなおさら、いろんな人達と疎遠になるだろうなぁ。

とかとか、くらーい気持ちで考えてもわたしの未来が変わるわけではない。
この本に出てきたひとたちは、誰も自分の人生を後悔してなかった(当たり前だけど)。
そのときそのときを一所懸命に生きて、その結果がどうなろうとそのとき考えるしかないよね。
(墨壺を思い出せ!)

あー久しぶりに書いたらスッキリした。
とりあえず寝るしたくをしようかね。


2016/01/11 悲しくてやりきれん

悲しくても腹は減る。
悲しいというかなんというか、なんかもうわやくちゃなきぶんじゃ。

B69DFD51-2D89-44AF-9FAE-C0F38A05A478.jpg

まあ、なるようにしかならんわいや。

2016/01/07:2009年に買ったPCのHDDをSSDに換装計画

いまさらですが新年あけましておめでとうございます!

とかいって、なんかもうすっかりほったらかしにしておりますが、いつのまにか最初にブログを書いてから11年以上経過してしもうたよ!!
初めての外食の記事が、確か2004年のクリスマスごろに、飯倉片町の今はなき名店ル・セップに行ったときのもの。と思ったら2004年の12/16でした。ひー。
軽くホラーですな。。

で、えーと、なんだっけ。
もうすっかりFBでの「イイね!」合戦にやられて、反応がないこちらのほうはほったらかしだよ。

でもまあ、脊髄反射的じゃないもの、長いものはやっぱりこちらで。

というわけで(ゴーイン)、いま使っているPCが超遅くなってきたので、買い替えを検討しておりました。
実は、ポチッと注文までしちゃったのですが、届くまでの間にいろいろ調べてたら、SSDが4~5年前に比べて超安くなってることに気が付きましてな。
買い替えなくても、HDDをSSDに変えただけでいいんでねーの?と思った次第なのであります。

参考にしたのはこちら。
HDD / SSD の C ドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピー/クローンできるフリーソフト「 Easeus Todo Backup 8.2 」の使い方解説!
すごくないすごくない??

とりあえず、計画はこんなかんじ。

1. SSDを買った。
今を去ること7年前、結婚直前のオット(当時は彼氏か)のWindows MEマシン(!!!)に64GB のSSDを換装してWindows XPにアップグレードしたことがあった。このとき買ったのが確かTransendだったので、今回もなんとなくTransendにしちゃった。


2. いまの環境をまるごとクローン。

3. 様子をみる。

4. それでも遅かったら、Windows10にアップグレードして64bit化する。
これ↓をみてやってみる!
Windows10にアップグレードする際に32bit版のWindows7/8.1を64bit版へ無料で変更する方法

5. うまくいったら、メモリを8GBに増設♪

でも、とりあえず3のところまで行きましたが、もうこれでだいじょうぶそうです。
クローンするのに512GBで5時間くらいかかりましたが、それを除けばほぼ期待通り。
SSDをUSBでつないだときに認識しなかった問題は、「コントロールパネル」>「ディスクの管理」で解決できました。

The Allen Brothers 祭り続く

バカだねえ。ええ、バカですとも!

Peter Allenブーム続いておりますが、ワタクシやっぱりですね、若かりし頃の、ぴっちぴちのPeterが好きなんです。すみません。
そんなPeterのかわいいお姿をどうぞ。



先日も紹介したJudy Garlandと。



かわええなぁ。


ああもう、この曲大好きなんです。
わたしゃね、踊るPeterが好きなんですよ!


歌とかどうでもよくなってきた(笑)。

かわいーーー。
ほんと、ジャニーズと変わらないよね。
ただ人の歌を唄って(すごいうまいけど!)踊るだけだもの。


っかーーーーー。
もう今年のクリスマスプレゼントはいただきました的気分です、ハイ。
なんか戦前の映像みたいですが、Peterがくっそカッコイイです。
くっそカッコイイ
大事なことなので二回言いました。
これで男のほうが好きだったなんて、キーーーっって感じですが、しかたないぬ。

いやー、こんな貴重な映像を続々とアップしてくださったSallie6さん、ありがとうございます。
遠い日本の国からThank you so muchだかんね!

QRコード