「カンボジア遺跡めぐりのひとり旅」に持っていってよかったもの

***************
目次はこちら
***************

こういう記事っていろんなところにあると思うので、ほんとちょっとしたご参考までに。

ちなみに私はこういう属性持ちです。
  • 40代前半の女性
  • 紫外線に軽いアレルギーあり
  • 喉と鼻が弱いので冬場は常にマスクをしている
  • 最近めっきり体力が落ち、すぐ風邪引いたりどっか痛めたりするのでできるだけ身体をいたわって生きている(グータラと言ってよい)
  • 腹は昔は丈夫でしたが、今も丈夫かどうかを試す勇気はありません。
  • インターネッツ大好きでネットに接続していないとわりと不安
そんな私が持っていってよかったものは以下の通りです。
  1. ビザ発行に必要なUSドル(現金で)
  2. ゴルフ用の腕カバー(Tシャツの下に着る、ややピッタリめのボレロみたいなやつ)
  3. 日傘、帽子、ヘアバンド
  4. 鼻にシュッとやって洗浄できるスプレー
  5. マスク
  6. 軽くて薄いリュックとサコッシュ
  7. 飲み口のついた魔法瓶
  8. 速乾Tシャツ
  9. レンタルでちょっといいカメラ
  10. 殺菌ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
  11. SIMフリースマホ
  12. 薄手の長袖(パーカーとかシャツ)
  13. 洗濯ロープ
  14. パジャマ的なもの(楽なズボンとTシャツみたいなものでOK)
  15. バンテリンパップ的な湿布
  16. 虫除けスプレー
  17. かゆみ止め(レスタミン)
  18. ジップロック
上記以外に、2018年7月にベトナム・ラオス旅に行ったときにも「準備編」としてまとめた情報がありますのでこちらもよろしければ。

すげえ網羅されてる。。。!!(自分で書いて忘れてる)
チェックリストとして使えるレベルって思ったけどたぶん自分のチェックリストをコピペして膨らませたんだ(忘れすぎ)。
靴はこのときにかったメレルのゴアテックストレッキングシューズが大活躍ですよ!
\\メレル最高//

番外:意外といらなかったもの
  • iPad mini

はい、では行ってみよう!

0. 基本的なもの

下記以外に、基本的なところでパスポート、クレジットカード、現金、常備薬あたりを持っていけばあとはたいていなんとかなる、というのはよく聞く話ですし、シェムリアップも大きなスーパーとかあるので大丈夫みたいです。
遺跡めぐりだけじゃなくて、地元のスーパーでそういう買い物とかしたい!という方はそれでもいいかも。
私はめんどくさかったのと、時間はなるべく遺跡めぐりのほうに使いたかったので万全の準備を整えて行きました。スーパーにも行かなかった。クメール語が書かれた雑貨とか面白いでしょうけどね。

1. ビザ発行に必要なUSドル

シェムリアップ国際空港で両替コーナーがあるところに出る前に、お金払う場所があるんです。
そう、ビザの発行
E-visaを発行してきてる人は不要ですが、その場で発行してもらお~って人は必要な金額をドルで持ってないとダメです。
羽田とか成田とかで両替しておきましょうね。100ドルとかで十分じゃないかな。
金額は2018年11月の時点では30ドルでしたが、すぐ変わるので気をつけて。
私は事前に200ドルを現金で持っていったのですが、最終的に30ドルくらい余ってしまいました。
現金を使ったのは、トゥクトゥクで買い物に出るときに使ったり(ツアー用のチャーターはガイド費用と一緒にホテルにクレカで払いました)、遺跡で水を買ったり、ランチを食べたりするくらい。
あとはおそらくオールドマーケットでの買い物は、店によっては現金かもしれません。レストランもローカルなやつだと現金かもね。

2. ゴルフ用の日焼け予防腕カバー(Tシャツの下に着る、ややピッタリめのボレロみたいなやつ)

7月にベトナムとラオスに行ったとき、日本で使っている日よけ腕カバーを持っていったんですが、二の腕の滑り止め部分がかゆくて仕方なかったので、滑り止めが付いてないシステムを探してたらいいのを発見!

メガゴルフ 夏の雪

ツイッターで、タッチパッドで絵を描く絵師の方が腕の保護のために使ってたんですが、こんなのがあったのかと目ウロコ!
ありがとうツイッタランド!

このツイートだ。





めちゃくちゃいいです。
朝、Tシャツの下に着て出かけます。さらさら~きもちい~。
腕に日焼け止め塗るのってほんと気持ち悪いんですが、これしとけば大丈夫!
しかも、生身でいるより涼しいときたもんだ!ビックリです。
指を出せるタイプのと迷ったんですが、大きめを買ったら手の甲までカバーできた気がします。でも、コレ以外にやっぱテニス手袋(手のひらと指先が空いている涼しい手袋)買って持っていけばよかったな~と思いました。帰国してから手の甲をよくよく見たら、親指の付け根部分にシミが爆誕してた。ちくしょーw
まあ、日焼けどんとこいという方、もしくはそんなへんなカッコ嫌だという方には関係ないね。

3. 日傘、帽子、ヘアバンド

日傘はところどころで活躍しました。帽子はほぼかぶりっぱなし。
ヘアバンドは、帽子の下で前髪ぺったんこになるのでつけようと買ったのだけど、結局なんかラーメン屋さんのオヤジみたいで変でしたw でもまあ、モヤモヤと前髪が垂れてこないのがよかったです(見た目より実利重視)。
帽子はあるのを持ってけばいいと思いますが、暑いのでアウトドア系の速乾みたいなやつのほうが気持ちいいと思います。

4. 鼻にシュッとやって洗浄できるスプレー

これはまあ普通の人はいらないかな。。
私は家でときどき「ハナクリーン」なるツールを使って、水道水に塩入れて鼻うがいをしているのですが、口をゆすぐのすら危険なカンボジアの水道水を使って鼻うがいはリスク高すぎると思ってこの花粉症用の鼻スプレーを持っていきました。
マスクはしてましたが、やはり砂ぼこりがすごいので、ホテルに戻ってシャワー浴びるついでにシュッとやって洗うと気持ちよかったです。

5. マスク

これ、遺跡の中を歩いてるときは不要ですが、遺跡間の移動でトゥクトゥクに乗ってるときに役立ちました。すごいんですよ、砂ぼこりが。
あと、飛行機のなかと、ホテルでクーラーつけて寝るときはマスクしたほうがいい。
私が行った11月初旬は、朝晩が涼しかったのでクーラーつけずに寝ることができましたが。
1日使ったら捨てるのが基本なので、最低でも日数分。

6. 軽くて薄いリュックとサコッシュ

7月のベトナムとラオスでは、約20年前に成田空港で買ったポーター(吉田かばん)のナイロンの軽い斜めがけメッセンジャーバッグを街歩き用として持っていったのですが、斜めがけで一日中歩くのはキツイもんだと実感しました。
荷物が軽ければいいんでしょうが、飲料水とモバイルバッテリーとウェットティッシュを持ち歩こうとすると、途端に重くなるんですよ!!
なので、今回でかける直前に思い立ってアウトドアショップに行き、軽いリュックを探しました。
いろいろ迷った結果、パッカブルなこちらに。

店員さんの「実はこれがいちばん売れてます。安くて軽いのに、外ポケットが3つもついてるのが地味に便利なんですよね」という一言が決め手になりました。
これはほんとそのとおりだった。
身ごろ部分と、両脇にポッケがあります。
外ポッケのないリュック、つらいと思う。
水とか帽子とかちょっとしたものをすぐ出せるところに入れておきたいのですよ。
容量も十分で、持ち込み用の手荷物入れとしても使ってました。乗り継ぎの時間が長いし、空港は広いと聞いたので、リュックのほうが楽だろうと。そのとおりだった。
めっちゃ軽いし、いちおう背中などの身体に密着する部分はメッシュになっているのもポイント高し。
こんなアウトドアアウトドアしたリュックで飛行機に乗るのは嫌だわというご婦人方、機内持ち込み用バッグとは別に持っていっても問題ないレベルの260グラムですよ。
たたむとこんなに小さくなります。
長辺が20センチくらい。薄っぺらです。
IMG_8912.JPG

で、外ポッケが付いてはいるんですが、やはり貴重品とかは身体の前に持っていたいということで、ベトナム・ラオス前に買ったサコッシュも持っていった。これも軽くて超絶便利。

流行ってるのでいろんなブランドでどこでも売ってますね。べつにコレじゃなくてもいいよ。
これに貴重品とかを入れて肌身離さず持ってました。
あと、ホテルでレストランに行くときとか、スマホとハンカチだけこれに入れて持っていくとかに便利。

7. 飲み口のついた魔法瓶

これは、どなたかのブログで読んで「ほんまかいな?」と思いつつもいちおうスーツケースに入れていったもの。
なんかこういうの。
初日は使わなかったのですが、暑くてフラフラになったときに「ここで冷たい水を体内に入れたい!!」とモーレツに思ったので2日目から持参して冷たい水をすぐこちらに移し替えて飲んでました。
まあ荷物になるといえば荷物になるので、リュックじゃないと厳しいかも。

8. 速乾Tシャツ

前回のベトナム・ラオス前に買った無印良品のものを3枚持っていきました。
どこのでもいいと思います。アウトドアショップに行けば腐るほど売ってます。
ポリエステル素材のもので、汗かいてもすぐ乾くやつ、って店員さんに聞いて。
めっちゃ涼しいし、汗かいてもすぐ乾くので気持ち悪くないです。

9. レンタルでちょっといいカメラ

カメラ、スマホでも今はいいのがあるかもしれませんが、せっかく遺跡に行くのでちょっといいカメラを持っていくとめちゃくちゃいい写真が感動そのままに撮れますよ!

Rentioってところで、買ったら10万くらいするようないいカメラが1万円くらいで借りられます。機種と期間によって値段が変わるので確認してね。
送料・返送料込の値段設定です。
前回のベトナム・ラオスではSonyの高級コンデジ「Cybershot DSC-RX100M5」を借りました。


SONY Cybershot DSC-RX100M5 コンパクトカメラ

今回は、オリンパスのミラーレス一眼「PEN EP9」を借りました。

OLYMPUS PEN E-PL9 14-42mm EZレンズキット ミラーレス一眼

以前、PENの初代?のを使っていたことがあったので、操作性は同じだろうと思ったのですが、さすがに9世代も違うとかなり違ってましたね。
カメラそのものについては超ド素人なので、カメラ任せのAutoで全部撮ってます。
両方使ってみて、高級コンデジのほうが総合点は高いかな!と思いました。起動早いし、操作も楽ちんだし、軽いし。
どのカメラにしたらいいかわからんよ!という方は、つべこべ言わずに↑のSonyのコンデジを借りましょう。高いけど買うよりは安い。パノラマも撮れる。PENはパノラマ撮れたのかもしれないけどよくわからなかったのでパノラマだけはiPhoneで撮ったのでめんどくさいことになりました(あとで調べたらパノラマも撮れたみたいだ。説明書をよく読んでから行きましょう。。。)。

10. 殺菌ウェットティッシュとポケットティッシュ

おしぼり代わりに手を拭いたり、レストランで出てきた食器を拭いたり、水のペットボトルの口を拭いたり(「クーラーボックスで冷やしてる氷」がダメなので、そのまま飲まないで必ず拭いてね!)、必須です。1~2パックあれば十分かと。
シェムリアップの遺跡付近のトイレはきれいなものが多く(信じて!ほんとだよ!)、紙もあることが多いのですが、あるあると信じて入ったらたまにないのでw、ポケットティッシュはぜひ持ち歩いてください。
なお、カンボジアは下水事情があまり良くないので紙は流さず個室内のでっかいゴミ箱に捨てます。「流せるティッシュ」を持っていきましたが、そういう事情なのでビビって流しませんでした。

11. SIMフリーのスマホ

ひとり旅なら、レンタルのモバイルWi-Fi借りるより、SIMフリーのスマホの安いやつを買って旅行用にするというのも手かも。
私は古き良きiPhone 6sを未だに使っており、2年縛りがとけて晴れてSIMフリーになったものを持っております。
今回初めてSIMカードを現地で買うということをしたのですが、大変便利でした。
乗り継ぎのバンコクの空港ではフリーWi-Fiの電波がビュンビュンに飛んでおり(成田のWi-Fiよりぜんっぜん速い!!!!!!日本は電波後進国だよ!!!!)、シェムリアップもお店やホテルはWi-Fiがかなり使えます。
が、私はその他の場所で万が一何かあったときのために、SIMカードを空港で買いました。
SIMカードの売店でおねえさんが入れ替えてつながるようにしてくれるので、それでやるとよいです。
で、そのSIMカード、いくらだったと思います?

3ドルですよ!!!!!!!!!!!!!3ドル!!!!!!!!!!!!
(20GBの通信とちょこっと通話がついてて、10日間)

ただみたいなもんですよね。
モバイルWi-Fiを10日間レンタルすると、すぐ1万くらい行っちゃうので、天秤にかけてどっちがいいか検討してください。
SIMフリーのスマホ持ってる方は、モバイルWi-Fi不要です。
現地でSIMを買いましょう。
爆速です。
日本の格安スマホのSIMのほうが遅いくらいです。゚(゚´Д`゚)゚。

12. 薄手の長袖(パーカーとかシャツ)

シェムリアップは森の中にあるからか、朝晩かなり涼しかったので、特に朝日を見に行くときのトゥクトゥクとかで威力を発揮しました。あとはレストランでクーラーガンガンに聞いてるとことか。
日焼け予防のラッシュガード素材のとかがいいかもです。

13. 洗濯ものを干すロープ

Tシャツやズボンなどの大物はホテルのランドリーに出せば数ドルで洗ってくれますが、下着とかやだなーと思ったので自分で洗って部屋に干してました。
あと↑で書いた日焼け予防の腕カバーとかもね。

14. パジャマ的なもの

海外旅行の鉄板持ち物ですが、寝るときに着る楽ちんな衣服はあるといいと思います。
私はゆる~いスパッツと極薄の長袖Tシャツを持っていきました。
夜暑いときはクーラー付けてねることもあると思うので、そのためにもパジャマだいじよ!


15. バンテリンパップ的な湿布

これはアナタの身体にご相談ください。。。
2日目だか3日目だかの夜、太ももに貼りました。
アップダウンあると聞いてはいたので、数ヶ月前から階段は絶対登る、毎日スクワット数回、など地味ななんちゃってトレーニングをしていたのですが、やっぱり脚がガクガクになりました。
夜、湿布貼って寝ると朝ラクです。

16. 虫除けスプレー、かゆみどめ

虫除けスプレーは、夜レストランに行く時必須です。
涼しくなったあとの方が蚊って活発に活動しますよね。
虫よけはコレ

かゆみ止めはレスタミン一択です!
これ、むちゃくちゃ効きます。ム◯とかキン◯ンとかアホらしくなるよ。
ただ、チューブが破損しやすいので旅行用の容器に詰め替えて持っていったほうがいいかも(そのまま持っていって案の定破裂)

17. ジップロック

ファスナーの付いている高いやつのほうが開け閉めが楽です。
そもそも、パッキングの時点でいろんなものを仕分けるのに便利なので大きなサイズと中くらいのと2種類大量買い↓して使っていました。
空っぽのやつもいくつか持っていくと、その日の持ち物で分類しておきたいものとかを入れられて便利です。
Amazonだと大容量が買える。



18. Kindle

書籍のガイドブックは1冊だけ持ち、それ以外はすべてKindleに入れていきました。
あと、漫画とかもたくさんダウンロードして入れておきましたが、ガイドブックばっかり読んでました。基本的にカンボジアのガイドブックとか歴史の本がおもしろかったな。

番外:意外といらなかったもの
iPad mini(古代の)

最後まで悩んで、結局持っていったのですが、これはいらなかったわ。
Kindleがあれば読み物は十分だし、地図とかはiPhoneで十分だし。
しかも私のやつ、もはやOSをアップデートできない「最古のiPad mini」なのでアホみたいに遅いんですよ。。。完全に失敗でした。重たいだけだった。
新しいやつなら便利かもね!
でもSIMフリースマホのほうがいいよ!(まだ言ってる


さーいよいよあとがきかな~。
なんか書いてたらしんみりしちゃって長くなっちゃっていったん寝かせたんですが、そろそろ終わりにしないと全部忘れてしまう。

もう少しです。






この記事へのコメント

QRコード