2011年05月20日

調布スポーツセンターでボーリングのあと、『アポロ13号』を観た

今日は、お昼に今季初の冷やし中華を食べ、

昼過ぎからブーツを修理に出すため、数駅離れた街まで行きました。
そこで何をトチ狂ったか歩いて帰ろうということを私が言い出し、歩き出した。

西に向かって歩くので、正面から日差しが^^;
途中で帽子を買ってしまいました(以前から眼をつけていた麦わら帽子なんだけど)。

そしたら、歩く道すがらボーリング場を発見してしまい(いや、あるのはいちおう知ってたんだけど、忘れてた)、入ってしまい、2ゲーム遊んでしまいました。
夫は生涯3回目くらいのボーリング、私はたぶん10年ぶりくらい。
「ボーリング歴30年」みたいな人たちが上手に投げているなか、ヨレヨレの投球を堂々と投げて楽しかった。
いやー、レーンが大量にあるんでビックリした。

調布スポーツセンター

流行ってたころに建てたんだね、という感じ。
流行ってたころからやってらっしゃる方々がたくさんいました。
平日の昼間だったし。
ちなみに結果は、2ゲーム遊んで私が僅差で勝ちました。

昨日の高尾山疲れがまだ残ってるのに、3駅も歩いてボーリングまでしてしまった。
ホントはビリヤードもやるつもりだったのですが、あきらめた。
その代わり、寂れたゲームコーナーに「太鼓の達人」があるのを発見し、初挑戦してみた。
あれ、すっごくやってみたかったんだけど、近所のゲーセンだといつもコドモ(高校生、大学生など)がわらわらいて、すんごく上手で、あんなところでやったら恥ずかしいと思っていたのですよ。
調布スポーツセンターのゲームコーナーは誰も人がいなくて、初心者の我々でも思う存分へたくそに遊ぶことができた。

あれ、楽しいですね。太鼓の達人。
癖になりそう。

で、ヨレヨレになって帰宅して、さっさとごはんの支度して、映画見ながら食べた。
ぴんぼけ肉豆腐


ビールと板わさ。


水菜とみょうがのサラダ with 海苔ドレッシング



★★★

もう16年前の映画なんですねー。
確かテレビでCMやってたような気がする。

先日から観てる映画のほとんどは、ぽすれん1枚80円で借りたものです。

アポロ13号って、なんとなく「発射してから事故が起きて、地上の管制官たちとクルーの冷静な対応により奇跡的に帰還した」というイメージだったのですが、そのとおりの映画でした^^;
まああの、そもそもUSの月面着陸はホントにあったのかとかいろいろ議論はあるようですね。

旧ソ連ががんがん宇宙に人を飛ばしていて、USとしては何か新機軸を打ち出さない。
んで、ケネディが「月に行く」と言っちゃったもんだから、関係者にはすごいプレッシャーがかかった。
ちょい無理め、ということがわかった時点で国家ぐるみの偽装が行われたとしてもぜんっぜん不思議じゃないっす。

そう思っちゃうとあんまりおもしろくないかもしれないけど、映画自体はおもしろかったよ。
わくわくどきどきはらはら、でも3人は絶対死なないってわかってるし(爆)
こういう宇宙開発みたいなのも、内部のドロドロのグダグダがいろいろあるんだろうなぁと想像しつつ、最後のシーンではしっかり涙ぽろりしました。
ネタバレしてても、めっちゃ感情移入しちゃう私ってもしかしてアホですか・・・?

トム・ハンクスって別に好きでも嫌いでもないんですが、管制官の責任者みたいな人(エド・ハリス)がかっこよかったです。
あと、トム・ハンクスの奥さん役がカワイイ。全然知らない人でしたが。

posted by オグ at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | 映画/DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「アポロ13号」がまだあまり知られていなかったとき(映画公開の直前かな。。忘れた)、アポロ13号のドキュメント番組が TV でやっていたの。フランス(もしかしたら他の国かも。記憶があいまい)が製作した、当時の実際の映像と声、正確なデータ、科学的な説明を織り交ぜたノンフィクションで、とーーーっても面白くて、感動したの。
助かったかどうか知らないで見ていたので(少なくとも私は。。)、助かったときの実際の映像をみたときは涙が出ました。

その後、ものすごーく期待して「アポロ13号」を劇場に見に行ったんだけどね、、やっぱりノンフィクションの臨場感にはかなわない。ちょっとがっかりした覚えがあります。

あ、そうそう、話は違うけど、前に話した私の好きな小説、有吉佐和子さんの「悪女について」だよ。「紀ノ川」を買うときにアマゾンを見て、思い出しました。
Posted by mihoko at 2011年05月21日 18:55
>mihokoさま

ドキュメンタリーやってたのですね!それ、観たいです〜。
そうなんですよね、やっぱり作り物感がしちゃうので、微妙に「超感動!!」とはならなかったです。

有吉佐和子さんのその本、なんか読んだことがあるような気がする。。。でもも一度読んでみます!
Posted by og at 2011年05月22日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
QRコード
携帯アクセス解析