2018/04/29: 太陽がいっぱい

「午前10時の映画祭」で「太陽がいっぱい」を初めて観てきました。

イケメン鑑賞好き(セクハラ発言)としては大画面で拝んどこうとおもいまして。
いやー、動くアラン・ドロン超絶イケメン過ぎて朝から気絶するかと思いましたよ。
写真しか見たことなくて、「えーこれイケメンか?」とか思ってて大変申し訳ございませんでした。

しかしこの映画、すがすがしいまでにアカンやつ(◯ズ男)しか出てこなくて笑えた。
主人公のリプリーは友達の金も女も奪っちゃお!て理由で人殺しする嘘つきの◯ズだし(まあ貧しい出自という背景はありつつも)、友達で殺されるやつは金持ち鼻にかけてリプリーいじめてるうえにフィアンセがいるのに浮気したりそれをなじられて逆ギレして力づくで彼女と事に及ぼうとしたり彼女の仕事の原稿を海に投げ捨ててギャン怒鳴りしたそばから愛してるとかいってまた事に及ぼうとかとかとかもーーDVど真ん中の◯ズっぷり。

そういう時代だったのか、それともイケメンのアラン・ドロンが殺すにはそれなりの理由が必要なのでそういう◯ズっぷりを際立たせた演出なのか(まあそうだよね)、でもやっぱり殺したんだからアラン・ドロンもアカンやつなわけで、これを彼にやらせるというアイデアは大変良かったです。

それにしてもアラン・ドロンの美貌は凄まじい。実は殺される友達もわりとイケメンなんですが、アランドロンの前にはぼやーーと霞んで見えるくらいでした。いやーーー、それにしてもすごかった。
リプリー(アラン・ドロンね)が友達のフィアンセを目で口説くとこがあるんですが、そこがもうほんとうに「うわーーーーー、クズ(あ、言っちゃった)ーーーー!!!」って感じでめっちゃよかったです。

あ、あと、市場のロケで周りの人たちが「アラン・ドロンや!!!」てガン見してるのがおかしかったです。うんうん、ガン見しちゃうよね。私もアラン・ドロンがロケしてたらガン見しちゃうよ!




posted by オグ at 23:50東京 ☀Comment(0)映画/DVD

QRコード