2012年09月29日

2012/09/29: 遅れてきた冷やし中華

posted by オグ at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

2012年09月22日

2012/09/22



たぶんベトナム風焼きナス
posted by オグ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

2012/09/20



posted by オグ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

2012/09/18

posted by オグ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

2012/09/17




タイラガイ。生活クラブのデポーで購入。1個780円で2個もこうてしもうた。
めっちゃ高かったけど美味しかった。

posted by オグ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

2012/09/16



posted by オグ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

2012/9/11: 【土佐3日目】横山隆一記念まんが館〜ひろめ市場

昨夜泊まったのはリッチモンドホテル高知
ちょっと奥まったところにあるのでとっても静か。
夜、数人の酔っぱらいが騒いでいるのが一瞬聞こえましたが、車の音もないし、いいホテルじゃった。

朝は和食にしました。

サバがおいしーい。野菜がおいしーい。
コーヒーだけはいかんかったな。

今日はそもそも何も決めていなかったので、「フクちゃん」の横山隆一記念まんが館にぷらりと行ってみることに。

私がフクちゃんを知っているのは、サザエさんの中に何度か出てきていたからでした。
それもそのはず、サザエさんの作者、長谷川町子はフクちゃん(というか横山隆一先生)の大ファンで、同じ長寿新聞連載まんがの先達として崇拝していたのでした。
そんで、フクちゃんの連載が終わったとき、フクちゃんを描いていたペンを横山隆一が長谷川町子に贈ったのですが、それがしゃれてる。
ペンを紙に貼って、周りにフクちゃんの4コマで「このペンでフクちゃんを書いたんだよ!」みたいなことが書いてあってめっぽうかわいいのです。
手塚治虫からも、フクちゃんをトレースして何度も練習した手帳というのが寄贈されていて、これまた面白い。
フクちゃんの連載が毎日新聞で終わったとき、長谷川町子はライバル紙である朝日新聞の連載まんがでフクちゃんが終わってガッカリ的なネタを描いた。これまたおおらかでいいですね。
ライバル紙のことを紙面に載せてさ。やるじゃない朝日新聞。

フクちゃんはなぜ角帽をかぶっているのか、なぜおじいさんと暮らしているのか、もわかった。
昔のまんがをぜんぜん知らないと行ってもつまらないのかもしれませんが、サザエさん(まんがのほう)で育った私としては大変おもしろい展示の数々でございました。
長谷川町子美術館も、こういうの常設展にしてくれればいいのにな。。。

想定外に面白かったまんが館を後にして、向かったのはひろめ市場
あらかじめ入手しておいた美味しい情報にもとづき、やいろ亭でちうもん。

しまんとエビの唐揚げ。

わーい!ぱりぱりうまーい!
殻がとてもやわらかくて、お口に刺さりません。

塩たたきと鰹の腹肉のたたき風。

や、やばい。。。塩たたき、昨日のより美味しいかも。。。
腹肉もじゅーしーでおいしい!
ビール飲まずにごはんでいただきました。
おいしかった〜〜。

おみやげものやさんをうろうろして、空港行きバスに乗る直前に入った茶店。

抹茶です。甘みを自分でつけるのがいいわ。単体だとぜんぜん甘くないの。
美味しかったどす。
ここはなんか、カフェプロデューサーみたいなのが入ってお金かけてリニューアルしたんだなという感じの老舗和菓子店でした。
なんつーお店だったか、失念。


さいならー私の夏休みー。
美味しかった&楽しかったよーー。

posted by オグ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2012土佐旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

2012/09/10: 【土佐2泊目】花鶴@高知で大満腹・大満足

ここのたたきを楽しみにしてまいりました。

お通し。

まぐろの炙りを土佐酢で。うまーーい!

あら、ピンぼけ。

塩たたきです。


薬味をたくさんはさんで、いただきまーす!!

これも有名だという清水さば。

お刺身、おいしーーーーーーーーい!!
目つぶって食べたら何のお刺身だかわかんないよコレ。
めっちゃめちゃ美味しいです。
今まで食べてきたサバはいったい何だったのか。
薬味なんか全然いらないの。
おしょうゆちょっとつけてつるっと。
するする入っちゃいます。

お野菜も食べないとね。

なすそうめん。うまーーーー。
冷たいお出汁に、細切りにして茹でた茄子と甘く煮た椎茸が入ってて、薬味たっぷり。
出汁がまた美味しいの。
ごくごく飲んじゃいます。


鯨の立田揚げ。
実は初めて食べました。
鯨って美味しいのねー。
給食で鯨が出たというオット、「懐かしい。でもこっちのほうが全然美味しいけど」
ホント美味しいです。
やわらかで、たぶんショウガとニンニクで下味をつけてるのね。

さらに揚げ物。

四万十川海苔の天ぷら!
やっぱさ、四万十川行けなかったから、川海苔食べたいじゃん。
ホントは川エビも食べたかったんだけど、いくらなんでも2人で揚げ物3種類は無理と判断。
これもおいしうございました。

こんなかわいい飲み物も飲んでしまった。

ゆずのリキュール。日本酒ベースです。

楽しみにしてた鰹の塩たたきより、サバの刺身のほうが美味しかったなーーー。意外でした。
いやはや、大満足。
美味しいお店を教えてくれてありがとうございました!(私信)

まんぷくでよたよたホテルに戻り、就寝。
ラベル:和食
posted by オグ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2012土佐旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/09/10: 【土佐2泊目】室戸岬〜高知市内

180度海が見えるお部屋、東向き、日の出がすばらしい、と聞いていたのですが、案の定寝坊してオットに起こされる。
とるものもとりあえず着替えて、外に飛び出た。

きゃーーーーーーーー!

分厚い雲のすき間に、Heart of sunrise(by YES)じゃないの!!

昨夜、寝る前にまた滝のような大雨が降っていたので、どうなることかと思っていたのですが。

きゃーーーーーーーー!






ああもう来てよかった来てよかった!!!!





鳥も岩陰から「来てよかたね!」と言ってる!(妄想)


散歩してるのはこの防波堤。

建物がウトコオーベルジュ&スパでござる。
海に沿って、横に長い建物なのです。
津波来たら一発でアウトです。

我らが泊まってる部屋を外から見る。


刻々と空の様子が変わっていく。


あーーーーーー。


あ”ーーーーーー。


不思議な花も咲いとる。


このあと、大満足で宿に戻ったとたん、また滝のような大雨が。
ものすごいタイミング。

朝ごはんまで時間があったので、ライブラリでコーヒー飲んでだらだら。

で、朝ごはん。




野菜、くだもの、飲み物、ヨーグルトなどがビュッフェ形式になってます。

野菜がうまい!



で、卵と肉とパンを選びます。

オムレツとソーセージとバゲットにしてみた。オットはトースト。
バターをどんだけ入れたかわからないオムレツはうまいな!
ソーセージも美味しいの。

レストランに、故シュウウエムラがウトコに来たときにかぶってた帽子が置いてあった。

やっぱUV対策は万全にね。ってつば広すぎ^^;
かわいい帽子じゃのう。高そう。


海がきらきら。

でも、遠くの方に縦の柱みたいのが見える。

たぶんこれ、例の滝のような大雨と見た。


あちこちで。

ごはんのあと、またプールに行ってぷかぷかクラゲのように1時間ばかり過ごして、部屋に戻ってうとうとお昼寝して、帰りじたく。

すてきなバス&洗面所。



丸見えなのですよ。
ブラインド降ろせばいいんだけどね。

裏手は山。

緑がまぶしい。


この右手に見える階段を上っていくと、タイフーンテラスなるものがあり、海を見渡せるようになってます。
すっごいステキなところなんだけど、うまくタイミングが合わず写真なし。

さいならー。お世話になりました。
ホントにいいところだった。すばらしかー。また絶対に来たい。晩ごはんは別のところで食べるけど。

ホテルをチェックアウトして、室戸岬の展望台に向かうと。。。

にゃんこだ!




子にゃんこびびりまくり。


んでもって、展望台。






















わかるかなーーーー。300度くらい海なのですよ!!!

室戸岬の先っぽなので、そのくらいの角度で海が見えるという。
ものすごい場所でござる。


車に戻ると、にゃんこが増えてたw


わらわらわら


子にゃんこー。そこにいるとあぶにゃいよー。



「ほっといたらええ」
。。。そうっすか?

2匹だけ、触らせてくれた。




野良わんこまで。

野良犬なんて見たの、何年ぶりだろか。

★★★

高知市内に向けて走っていたら、

軽のBMWが走ってた。
初めて見た。

★★★

途中の道の駅にふらっと入ったら、

みりきてきなものに遭遇して、たいしておなかすいてないのにお昼食べちゃうことに決定。


田舎寿司というそうです。
こんにゃく、ミョウガは王道の具材。
胡麻なんかが入ってて、美味しい!


ハガツオって、こんな魚だったとは!
鮮度が落ちやすいから流通してないって、なるほど納得。
貴重なもの食べたわ!!
これは鮮度バツグンで(リンク先の写真とぜんぜん違うでしょ)、癖がなくて美味しいお刺身でした。

足りなくてすり身揚げを買う。

ゴボウが入っててうまい!

かんば餅も。

芋粉のお餅だそうですが、素朴な味で美味しいね。

★★★

まんぷくで眠気と闘いながら向かったのは桂浜。

きれいな浜だなー。これはすばらしいわ。
龍馬ファンではないので、銅像は見に行きませんでした。





闘犬センターの看板が怖すぎる。


いくらなんでもひどくないか。

で、



なんで外国人なの。。。?

★★★

またまた車に乗って高知中心部を目指します。



ナントカ大橋が細くて高くて怖いです(高所恐怖症の2人)。


ホテルにチェックインして、晩ごはんまで時間あるねーとぷらぷら向かったのは高知城

しかし、下調べが甘かったため、わずか3分の誤差で天守閣に上れず orz
石段駆け上がったのにーーーーーー!!!!


悔しいーーーーーー!

へとへとになりつつ、知人の知人のお薦め、花鶴へ!
posted by オグ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2012土佐旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

2012/09/11: 【土佐1泊目】ウトコオーベルジュ&スパの晩ごはん

「オーベルジュ」と言ってるけど、あまり期待してませんでした。
外に出るのが面倒なので、中で食べるかくらいの感じで。
結果的にはそれがよかった。

本日のメニウ。黒潮のイタリアンなるコース1択です。


アンティパストミスト。

量が少ないなぁ。。。(ハラヘリ)
なんか、いろんなソースの「隠し味」的な何かが「俺が俺が!!」と前に出てきてばかりいる一皿という感じでした。
野菜がうまい!!

鱈のすり身のカネロニ風。

下のスープが絶品。濃厚なおさかなの出汁。
キノコのソテーも美味しいけどもうちょっと焦がさないほうがいいかなあ(やかましい)。

パンとオリーブオイルが出た。

写真撮ってないけど、このオリーブオイルがめっぽううまかった。
パンうまーい!ライ麦入りのカンパーニュとミルクパンの2種。焼きたてあつあつ。

緑色フェトチーネのラグー

ラグーに、すーっとする何か爽やかな風味が付いてるんだけど、それがまた「俺が俺が!」な感じです。美味しいんだけども。

イサキのパン粉焼き。

やる気のなさを表すピンぼけ具合。
下にしいてあるのは玉ねぎと松の実とレーズンの甘酢ソテー。
この甘酢ソテーとかりかりパン粉を一緒に食べると。。。。。。。。なぜかサッポロポテトバーベQ味がするー(台無しです)。
松の実の意味がぜんぜんわからない。
周りにおいてある、かりかりポテトが美味しかった(それはバーベQ味じゃなくてバジル味)。

トマトの2層ゼリーにビシソワーズだったっけな?

あっという間に完食。

土佐赤牛のソテー。

うんまい!
牛肉って普段あんまり美味しいと思って食べてないんですが、この牛はうまいねー。
脂がのってなくてさっぱりしてるのに柔らかい。
ぜんぜんケモノ臭くない。
添えてある土佐ジローブイヨンで作った奇跡のお米のリゾット、私はちょっとべちゃっとしててやでしたがオットは気に入った模様。
それにつけても野菜がうまい。

デザート。

手前がゆずのシャーベット。これがいちばん。
パンナコッタ、ズコットはまあ普通。

結論。パンとオリーブオイルがいちばん美味しかった(爆)。
まああの、ぜんぜん期待してなかったんで、いいですいいです。

なんだろー、すっごい偏見ですが、シェフってもしかしてすっごく自己主張の強い方なんだろうか。どの料理も、何かしら調味料が「俺が俺が!」って言ってて、ちょっと調和に欠けるというかなんというか。美味しいんですよ。美味しいんだけどね、不思議なお料理でした。

★★★

パブリックスペースとしてライブラリがあるです。
夜はこんなにムーディー。もちろん目の前は海!

ネスプレッソとかお水とかお茶とかが自由に飲めます。
ここをプロデュースしたシュウウエムラが寄贈した書籍、高知の観光ガイド、空海関連書籍(室戸岬で覚りを開いたらしいので)などがある。
シュウウエムラっておぼっちゃまだったのですね。知らんかった。

posted by オグ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2012土佐旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/9/10: 【土佐1泊目】羽田〜安芸〜室戸〜ウトコ

|д゚)チラッ

2か月経っちゃったよ〜。
最後に更新してからよ〜。

おそるおそる更新します。
プロジェクトのまっただ中だというのに、休みを取ってしまった。
いやね、1か月前には、この頃には収束してるだろうと思ってたのよ。
まあいいや。
いきなり寝坊して、出発の1時間前にオットにたたき起こされるという失態。。。どうやら目覚ましが鳴らなかったらしい。

バタバタしたくして、いってきまーす!
リムジンで羽田まで30分、空港でコーヒー飲んでおやつ食べて、飛行機に乗るぜ!いえー!

あ、江ノ島?!


いい天気!


わーー、芦ノ湖だ!


おお、富士山!!!!

この数日後にうっすらつもったらしいですが、このときは夏山です。
雪がなくても富士山にはコーフンするよね。しないか。

おいしそうな雲がもくもく。


1.5時間のフライトで着いたところは高知龍馬空港。
空港でレンタカーを借りて、一路室戸岬を目指します。

途中、お昼ごはんに立ち寄ったのが安芸市。

なんかステキ。。。
武家屋敷の街なのねー。

駐車場ににゃんこが。



ごめんねー、おやつ何も持ってないの。


「ちぇっ」

明治時代のナントカ言う人が、手作りで作った野良時計などというものがある。

野良時計と一体化した高園茶屋なるところ


古い農家を改築した模様。


名物のちりめん丼をいただきます!

釜揚げのちりめんって初めて食べたけど、美味しいもんだねー。
ゆず酢が利いててそれがまた美味しい。

風情のあるお庭。


ちゃぶ台もいい感じ。


んでもって室戸岬に着いたーーー!

実は、車に乗ってる間、滝のような大雨が何度もあったのですが、車から降りるとやむという不思議な巡り合わせ。

ちょうちょが羽休め。


あっ!子にゃんこ!

すっごく警戒心が強くて、「おばちゃんと遊ぼうよ〜」と猫なで声で近づいていったらぴゅーっと逃げられた。。。

目的地はここ。星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ


お部屋の前はばばーーーーーーんと海!!!



ああもう、鼻血出そう。。。

チェックインすぐに、私は全身オイルマッサージの予約を取っていたので水着に着替えてスパに。
オットは運転疲れでそのまま寝てしまったもよう。
このマッサージが至福でござった。
何年ぶりだろ、こういうの。シエスパが爆発して以降、行ってないってことは、5年以上か?
たまにはこういうのもいいよね〜〜〜。
マッサージが終わったあと、また水着着て深層海洋水のプールで空を眺めながらぷかぷか1時間以上クラゲのように漂っておりました。
オットはその間、同じマッサージ。
初めてのアロママッサージとのことで、大変感動しておりました。はい、ここは男子も女子と同じメニウが受けられるのですよ。
奥様だけじゃなくて、ダンナ様も楽しめる!(回し者ではありません)

さて次は晩ごはんです。
posted by オグ at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2012土佐旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード
携帯アクセス解析