豚ひれ肉のソテー麻婆風野菜炒めかけ、長いものキュウリドレッシング、タイ風焼きナスサラダ

本格的な四川風麻婆豆腐を作る気満々だったのですが、豚ひれ肉☆という到来物があったので急きょ変更。

長いものキュウリソース。

長尾智子さんのベジマニアより。
桜の花の塩漬け、オクラはカスタマイズオプションです。
おいしいんだけど、長いもときゅうりとオクラだね^^;。

タイ風焼きナスサラダ。

以前、中目黒のなんとかいうライブハウスでYAYOMOMOちゃんのライブをみたときに食べた焼きナスのタイ風サラダがおいしかったので、再現を試みました。
Web上で発見したレシピを元に作ってみたら、再現にはなりませんでしたが、これがうまい!!
焼いた茄子の風味と、ナンプラーがとっても良く合う。
焼きナスをしいて、うすーくスライスした玉ねぎをのっけ、ゆでた豚ひき肉をのっけ、炒った桜エビを乗せ、ピーナツを砕いたものをのっけます。
たれは、ナンプラーとレモン同量、唐辛子の粉(レシピは輪切りだった)、シャンツァイの根っこをつぶしてみじん切りにしたもの、シャンツァイの茎とにんにくのみじん切りでっす。

豚ひれ肉のソテー、麻婆野菜のっけ。

なんだか汚い写真ですな。
豚ひれ肉は塩こしょうして焼きます。
マーボー野菜は、豆板醤、テンメンジャン、トウチの刻んだのを炒め、にんにく、しょうが、ネギのみじん切りを炒め、中華スープと紹興酒、醤油を入れたところに下ゆでしたいんげん、タケノコ、しめじをいれました。
最後に、花椒をたっぷり!
ちょっとしょっぱくなっちゃいました。ご飯の友ですなぁ。でもご飯はたいてませんのでビールで。

今度こそ麻婆豆腐やるぞー。
タイ風焼きなすはヒジョーにおいしかったのでまたすぐにでも食べたいです。あのたれは春雨にもよさげ。いろいろ応用がききそうです。


なんだか釈然としない、ポニョのやりかた

まずはここをご一読ください。

たけくまメモ「宮崎駿のアヴァンギャルドな悪夢」

子供が見たら悪夢にうなされるのではないかと思いました。俺は思うのですが、日本で一番商業的に成功した映画監督である宮崎駿さんは、その圧倒的な地位を利用して呆れるほどプライヴェートなこの映画を作り、それで後はもう死んでもいいと思っているんじゃないでしょうかね。根拠はありませんが、そんな気がします。


ああ。これでふと今日思い出した。
そういえば何かの作品を最後に引退する、みたいな話がありましたよね。
それってどうなっちゃったの?
わたくしが知らないだけなのかしらね。

いや、別にいいんですけど、好きな人は見に行ったらよろし。
「宮崎駿のアヴァンギャルドな悪夢」っていっちゃったら売れないから、まるで心温まるファンタジー映画みたいな宣伝をしてるってことなんですよね?
なんだか釈然としない。これがオトナの世界なんですかね。

上記のエントリを読んで、なんだか一番「コタエタ」のが、モノが何であれ、売り方ひとつで売れちゃうものなんですなぁ。。。ということでした。
なんだかこたえるなぁ。
何かが売れないということは、売り方に問題があるんでしょうなぁ。

で、ワタクシがポニョを見に行くか?いきません。
えぇ。
誰が好き好んで、個人的悪夢なんか。
悪夢は自分のでたくさんです ← 狭量
posted by オグ at 20:54東京 🌁Comment(0)日記

QRコード