ここんとこ読んだ本

小池真理子「欲望」
えーーーー、小池真理子ぉ!?という声がどこかから聞こえてきそうですが、「恋」に続いて2冊目です。アハハ!
恋愛小説のナントカ・・・みたいなもので名前を聞いてたので、古本屋で1冊100円で売ってたのを見つけて2冊買っておいたのでした。
ずーっと本棚の肥やしになっていたのですが、旅行に行くときは捨ててもいい本を持っていくのがいいよね、と思って持っていった。
見事に捨ててきました。

えーっと、この人って「オンナ渡辺淳一」なんですかね?

全体的に、「ほーーーーら、この状況、異常でしょ異常でしょ?かわいそうでしょ?かわいそうでしょ?」という前提のもとに「でもね・・・こうしたのよ!!(偉そうに)」という流れが多いのですが、この前提となっている「異常さ」とか「かわいそうさ」とかがなんだかよくわからない。
なので、その後の「偉そうに語る何か」がまったく訴えてきませんでした。

んーー、まーー、こーゆーのはオッサンが読んで喜ぶこったな!という感じです。もういいや。

村上春樹「村上朝日堂の逆襲」
これは、昔買って読んだのに、売ったために忘れてまた買っちゃったというやつでした。
でも楽しく読んだ。
村上さんはいいなぁ。

村上春樹「神の子供たちはみな踊る」
これ、いつの作品ですか?
短編集で、なんかどこかで読んだことある村上節なんですが、スプートニクとかカフカよりぜんぜんよかったなぁ。
あと、なんだっけ、アレ、えーと、アフターダークもアチャーという感じでしたが、これはよかった。
昔のほうがよかった~とか言いたくないですけどね。

いま読んでる本は「これならわかるネットワーク」です。
インターネットの黎明期の話のところはおもしろかったけど、TCP/IPの仕組みになったら眠くなってきたー。
それを理解するために買ったのに・・・^^;。おかしいなぁ。


肥えた模様であいふぉーん発売

旅行中、何も考えずにバクバク食べ、移動はすべて車という生活を送っていたら、見事に肥えた。

月曜あたりに、全身から「むくむくっ」と音がして薄皮3枚くらい膨らんだ・・・ような気がする。

帰国して、「伸びない」ジーンズはいたらピチピチでやんの。
ピチピチのオトメはいいですが、ピチピチのジーンズはいかん。
だいいち着心地が悪い。

ちびちびと善処しているのですが、効果のほどは・・・。
といっているうちに、週末じゃんけ!アヒー。
ダイエッツメニウの研究でもするか。

といっている間にあいふぉーん発売ですね。
実は、携帯のバッテリーを無料交換してもらったら、すっかりあいふぉーんはどうでもよくなってしまった^^;のですが、ホントに部長はならびにいったんだろーか。
でも、あれだけの速さでGoogleMapsとか見られたら、ちょっといいような気がする。ばてりーはどのくらいもつんだろなー。←やっぱ興味あるんじゃん

QRコード